/

この記事は会員限定です

「農福連携」の植物工場、増産へ 成電工業傘下のNPO

[有料会員限定]

群馬県高崎市のNPO法人、Social House(ソーシャルハウス)は植物工場で作るレタスなどの野菜を増産する。半導体加工などを手掛ける成電工業(高崎市)のグループ団体で、2021年3月に県内で2棟目となる植物工場を稼働させる。植物工場は赤字の事業者も多いなか、「農福連携」で事業拡大を図る考えだ。

ソーシャルハウスは、一般就労が難しい障害者が働く「就労継続支援B型」の福祉事業所だ。知的障害者を中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン