/

この記事は会員限定です

コロナに揺れる老舗の灯

点照

(更新) [有料会員限定]
<訂正>3日午前2時に配信した記事中に「田中屋」とあるのは「田中家」の誤りでした。

横浜で最も古い料亭、田中家の平塚あけみさんが嘆いている。「あと2、3年こんな状態が続いたら……」。気丈な女将を苦悩させているのはもちろん、新型コロナウイルスだ。

創業は幕末の文久3年(1863年)。東海道五十三次の一つ、神奈川宿にあり、前身の旅籠は安藤広重の版画にも描かれた。坂本龍馬の妻、おりょうが勝海舟のあっせんで仲居として勤め、西郷隆盛や高杉晋作ら維新の志士が足を運んだ、と聞けば存在の貴重さが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り723文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン