/

この記事は会員限定です

特別融資の返済据え置き期間変更を 松本市の商工団体が市に要望

[有料会員限定]

長野県松本市の松本商工会議所などの商工団体が22日、臥雲義尚市長に新型コロナウイルス対策に関連した要望書を提出した。飲食・宿泊業などを中心に客足や売り上げが落ち込んでいる現状を説明したうえで、市が実施しているコロナ対策の特別融資制度について、1年以内としている返済の据え置き期間の変更などを求めた。

松本市が2020年3月に設けた特別融資制度は、貸付期間が10年以内で最初の1年以内は元金の返済を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン