/

武蔵野銀行、電子版で埼玉県内まちあるきマップ

武蔵野銀行は立教大学観光学部と連携して発行した街歩きマップの電子版を発行した。地図情報サービス、Stroly(ストローリー)のサイト上で閲覧でき、全地球測位システム(GPS)を活用して現在地を確認しながら散策できる。利便性を高めて多くの人に楽しんでもらう。

これまでに発行した街歩きマップ「ぶらってシリーズ」のうち、大宮氷川参道、新座、小鹿野、秩父の4種類のマップを公開した。アプリのダウンロードは不要で誰でも無料で見れる。スマートフォンやタブレットでの閲覧を要望する声が多く寄せられたことから電子版での発行を決めたという。

同行は2007年から立教大学の学生と連携して埼玉県内の観光地を中心に地図を制作。学生が現地を歩いて気づいた視点を盛り込み、これまでに30万部以上発行している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン