/

この記事は会員限定です

静岡県立大・八木教授「健康食メニューで観光振興」

静岡発 私の提言

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染の長期化は、図らずも国民の健康意識の向上をもたらしている。

静岡県立大学大学院ツーリズム研究センターが2月に首都圏等の居住者を対象に行った調査では、「自身の健康に気を遣うようになった」と回答した人の割合は合計で約90%とコロナ発生前の約20%から急増している。

中でも「栄養バランスに気をつけるようになった」との回答は約30%に達しており、健康に良い食事への関心の高まりをう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り997文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン