/

千葉の12月観光客、4カ月ぶり減少 感染再拡大で

千葉県のまとめによると、2020年12月の県内観光施設の来場客はのべ55万1186人と前年同月に比べて6%減少した。4カ月ぶりに前年実績を下回った。新型コロナウイルスの感染が再び拡大し、旅行や遠方への外出を控える動きが広がったのが響いた。

調査対象は鴨川シーワールド(鴨川市)など県内43カ所。房総半島東部の九十九里地域は22.9%減、浦安市や千葉市など県北西部は11.3%減と落ち込みが目立った。県内の観光客は国の「Go To キャンペーン」や19年の台風災害の反動もあり、11月まで3カ月連続でプラスだった。

12月の宿泊客数(調査対象23カ所)はのべ12万750人と前年同月比で31.2%減少した。GoToや県独自の宿泊需要喚起策「ディスカバー千葉」の一時停止で、予約キャンセルが相次いだ。県観光企画課の担当者は「緊急事態宣言の再発令などで足元はさらに厳しい」と指摘する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン