/

としまえん跡地の公園、2023年一部開園 ハリポタと同時

「としまえん」跡地には23年にハリー・ポッター施設が開業する(ロンドン郊外の「ワーナー・ブラザーズスタジオツアーロンドン」)

東京都は22日、2020年に閉園した遊園地「としまえん」跡地に整備する練馬城址公園(練馬区)の一部を23年に先行開業する方針を発表した。公園の北部に30年間限定で開業する「ハリー・ポッター」施設の周辺部を先に整備する。

23年に開業するのは、南東部の公園入り口付近の広場や北西部の花畑、敷地を東西に貫く石神井川の川岸など。民間事業者が整備するハリー・ポッター施設も23年の開業を予定しており、周辺部を同時期に開業させることで公園一体としての魅力を生み出す。

敷地南部のプール跡地については草地広場などを順次整備し、29年の開園を目指す。将来的にハリー・ポッター施設が閉園した後は、跡地にキャンプ場やバーベキュー場、アスレチック施設などを整備する構想だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン