/

この記事は会員限定です

ふるさと納税に「共通返礼品」 自治体で相次ぐ

[有料会員限定]

全国の自治体で、ふるさと納税の返礼品に「共通型」を導入する動きが相次いでいる。周辺自治体が連携して返礼品を企画し、利用者に魅力を訴える狙いだ。新型コロナウイルスの感染拡大で地域経済にも打撃が及び、2021年度の自治体税収は悪化が予想される。共通返礼品を通じ、貴重な財源であるふるさと納税の上積みを目指す。

高松市は20年12月、周辺のさぬき市や東かがわ市、土庄町などを含めた8市町と企画した共通返礼品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り569文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン