/

しまむら本社、24日にさいたま新都心駅前に移転

カジュアル衣料大手のしまむらは24日、本社をJRさいたま新都心駅東口に移転する。地下1階地上12階建てで総投資額は約120億円。延べ床面積は約3万平方㍍と従来に比べ4倍ほどに拡大し、取引先などと商談しやすい環境を整える。

隣接地には旗艦店が3月にオープン予定

JR宮原駅東口にある現在の社屋が手狭になったことから移転を決めた。仕入れ先などとの打ち合わせ場所を拡充することで、スムーズな商談を目指す。都内のほか、名古屋や大阪など遠隔地から商談に訪れる取引先の交通利便性も高まるとみる。

新社屋にはチラシやネット通販用などに商品を撮影できるスタジオも設置する。従来は商品サンプルを社外の撮影場所まで運搬しており、広告宣伝に関わる業務を効率化する。

3月末には隣接地に同社主力業態の「ファッションセンターしまむら」「アベイル」「バースデイ」が入居する旗艦店が開店する予定。1998年に竣工した現在の社屋は売却や貸し出しを検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン