/

横浜アリーナ、22年1月から休業 大規模改修工事

横浜アリーナ(横浜市)は22日、大規模改修工事のため2022年1~7月の約7カ月間休業すると発表した。耐震化工事のほか、冷暖房の改修や音響設備の更新など複数の工事をまとめて実施する。同アリーナは1989年の開業で、大規模な改修工事は2度目。

耐震対策として天井を軽量化する工事がメインになる。様々な工事をひとまとめにすることで、今後は10年以上工事に伴う休館は必要なくなるという。

同アリーナは1万7000人を収容でき、音楽ライブなど様々なイベントを開催している。来場者は累計で5000万人を超え、2019年度の売上高は26億6800万円に上る。休業は「周辺のホテルやレストランにも影響が出る」(担当者)と想定し、周知期間を長めにとったという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン