/

浜松いわた信金、東京海上日動とSDGsで連携協定

浜松いわた信用金庫(浜松市)は22日、東京海上日動火災保険と、SDGs(持続可能な開発目標)の普及と女性の活躍の推進で連携協定を結んだ。両者が協力し、SDGsなどをとり入れた取引先の企業活動を後押しする。

浜松いわた信金の御室健一郎理事長㊨と東京海上日動の鹿子木満常務執行役員

第1弾の取り組みとして、SDGsや女性の活躍を推進する地域企業の登録制度を6月に設ける。SDGsなどの推進に力を入れる企業をホームページに掲載する。浜松いわた信金と東京海上日動の女性社員が企業を訪問し、SDGs関連の取り組み内容を確認する。先進的な事例を紹介するほか、勉強会なども開く。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン