/

この記事は会員限定です

巣ごもりで家庭ごみ増 首都圏自治体、削減呼びかけ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛で家庭ごみが増えている。首都圏各地で食料品を含む可燃ごみが増えているほか、資源ごみや粗大ごみの排出量が前年を大きく上回る例もある。各自治体はごみの削減や感染対策に配慮した捨て方の徹底を呼びかけるなど、対応に追われる。

東京二十三区清掃一部事務組合によると、4~24日に23区で回収され、清掃工場に搬入された可燃ごみは約11万トン。前年のほぼ同じ時期に比べて1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン