/

この記事は会員限定です

試練の1年、遠のいた東北のにぎわい 2020年回顧

[有料会員限定]

2020年は東北にとってにぎわいが遠のいた試練の1年となった。新型コロナウイルスの感染が拡大し、遠隔勤務や巣ごもり需要を取り込む新サービスが生まれているものの、飲食店や観光、小売りは感染の推移に左右される状況が続く。一方、山形や福島では老舗百貨店が閉店し、各地でコロナ禍への対応を見据えた街の再開発が進む。

2月末まで新型コロナ感染者がゼロだった東北で観光や飲食店、小売店への影響が顕著になったのは3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン