/

東京・九段下のグランドパレス、6月末に営業終了

ホテルグランドパレスは6月末での営業終了を決めた(東京・千代田)

東京・九段下のホテルグランドパレス(東京・千代田)は6月末で営業を終了する。新型コロナウイルスによる利用者減で2020年12月末に21年6月末での営業休止を公表したが、2度目の緊急事態宣言などで予約キャンセルが相次いだうえ、感染の長期化で業績回復も不透明なことから営業終了を判断した。

1月は稼働率が1割弱に落ち込んでいた。今後、老朽化施設の改修が必要なことも重荷になった。運営会社は何らかの形で存続させることも視野に検討しており、従業員への対応を含め詳細は今後詰める。

6月末までは営業を続け、宿泊予約も受け付ける。同ホテルは東京・丸の内にある「パレスホテル」の姉妹ホテルとして1972年に開業。過去にはプロ野球のドラフト会議が開かれるなどした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン