/

この記事は会員限定です

自治体、コロナ対策拡充 岐阜は陽性の8割で変異型検査

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が22日に全面解除され、各地の自治体が経済活動と両立できる感染防止策を模索している。国の目安より高い割合で変異ウイルスの有無を調べるなどの対策をとる。感染が再び広がれば経済活動は制約せざるを得なくなる。施策の実効性が問われる。

菅義偉首相は22日の自民党役員会で「緊急事態宣言は解除されたが今が一番大事な時期だ」と指摘した。「緊張感を緩めることなく自治体と協力し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1219文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン