/

この記事は会員限定です

首都圏自治体など、混雑「見える化」 役所や観光地で

[有料会員限定]

首都圏自治体や地域団体が地元施設などの混雑情報を「見える化」する取り組みを拡充している。役所の住民窓口の混み具合をインターネットで確認できるようにするほか、商業施設や観光地でも対応し始めた。新型コロナウイルス対策で人混みを避けてもらうとともに、快適な買い物や観光につなげる狙いだ。

埼玉県行田市は窓口の混雑状況を示す「混雑ランプ」を導入した。2日に始まった市民税・県民税などの申告相談会場の混雑度合い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1073文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン