/

無症状感染者把握のモニタリング検査、宇都宮市で開始

宇都宮市中心部に特設ブースを設け検査希望者を募った(22日、宇都宮市)

内閣官房と栃木県は22日、新型コロナウイルスの無症状感染者を把握するためのモニタリングPCR検査を宇都宮市内で始めた。市中心部と3つの学校で22、24、25日の3日間、計600人を対象に唾液PCR検査を実施する。規模や対象を見直しながら定期的に実施し、感染再拡大の兆しを早期につかむ狙いだ。

市中心部の特設ブースは4席を設け、職員が検査の概要や、結果を知らせる専用アプリのインストール方法などを説明。その場で唾液を採取するキットを渡し、後日検査センターに郵送してもらう。受付時には性別と生年月日、職種を登録する必要があるが、氏名や住所は不要だ。陽性の場合はアプリに通知が届き、別途コールセンターに連絡してもらう。中心部では各日100人、計300人に検査を受けてもらう目標だ。

モニタリング検査では、新型コロナの無症状者が市中にどの程度いるかを調べ、陽性率などの変化を追跡して感染拡大の兆候をつかむ。政府は緊急事態宣言がいち早く解除となった栃木で検査手法を詰め、順次対象地域を広げる考えだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン