/

この記事は会員限定です

筑波大、食料品を学生3000人に配布 企業など支援

[有料会員限定]

筑波大学は22日、学生を対象に教職員や近隣の企業、農家などから提供を受けた食料品を無償で配布した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、仕送りやアルバイトの収入などが減っている学生を支援するのが目的。スーツケースや大きなバッグを持った学生が長蛇の列をつくった。

学生宿舎で食料品を先着順で配布した。学生たちは受付で学生証を提示し、必要な食料品を手にしていった。応用理工学類3年生の渡部愛佳さんは「コロナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り341文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン