/

この記事は会員限定です

茨城の高校生、証券投資を肌で学ぶ 藍沢証券手ほどき

[有料会員限定]

証券会社の指導を受けながら、高校生が証券投資を実践的に学ぶ試みが始まった。舞台は藍沢証券と包括連携している茨城県立常陸大宮高校(常陸大宮市)だ。生徒らが株主となっている会社で得た資金を元手に投資し、利益が出れば地域に還元するという全国でも珍しい活動だ。

常陸大宮高校の商業科で20日開かれた課題研究発表会。「昨年末に東急グループの世紀東急工業の株を購入しました。多方面で事業を展開しミャンマーに進出しています」。3年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン