/

この記事は会員限定です

災害情報の収集・発信、デジタル活用で強化 千葉市

News 潜望展望

[有料会員限定]

千葉市は、災害時の情報収集や発信をデジタル活用で強化する。2019年の台風15号は倒木などによる大規模停電で想定外の被害をもたらした。市は23年度の新市庁舎完成に合わせ、新たな防災情報システムを開発中だ。新システム稼働に向け、災害時に情報を収集・発信できる設備の検証を進める。

19年は、台風15号に加え19号と10月の大雨が千葉市を襲った。「短期間に3つの災害がまとめてきたような感じ」と当時、市災...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1111文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン