/

福島医大、シンガポール大と協定 がん研究など促進

福島県立医科大学(福島市)はシンガポール国立大学と協定を結んだ。教員、研究者、学生らの交流を通じ、医学研究や機器開発を促進する。学生の交換留学も検討する。21日、両大学幹部がオンラインで締結式に臨んだ。

福島医大はオンラインで協定を締結

両大学は2014年から胃がんの免疫療法などに関する15件の論文を共同発表。胃がん切除後の腹腔(ふくくう)内洗浄に関し、韓国、香港、マレーシアを含む5カ国・地域にまたがる共同臨床試験も実施している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン