/

この記事は会員限定です

三隣亡の反動? 山形県の住宅着工5カ月連続2桁増

[有料会員限定]

山形県の住宅着工戸数(持ち家)が5カ月連続で2桁増を続けている。大きな要因と指摘されるのが年間を通じた三隣亡(さんりんぼう)の反動増。家を建てるには不向きとされる年を避け、その翌年に着工が増える現象で、令和の時代にも根強く残っている。

2020年11月の山形県の住宅着工戸数(持ち家)は前年同月比10.8%増加した。新型コロナウイルスの感染拡大で企業活動が大幅に制限された4~6月はマイナスだが、7月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り922文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン