/

この記事は会員限定です

新潟大の「日本酒学センター」 酒造りの実習も担う場に

まちづくり人づくり

[有料会員限定]

「日本酒学」という独自の学問体系を推進する新潟大学日本酒学センター。約3年前に屋根のない組織から始まり、2021年2月に実習もできる拠点施設を開設する。試験醸造用の設備を用意し、センター所属の特任教員5人の新規採用も決めた。日本酒を中心に国内外へ学びの輪を広げていく。

15日、新潟大学の中央図書館で第3回日本酒学シンポジウムが開かれた。新潟大学の牛木辰男学長らのほか、遠方からも酒類総合研究所(広島...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り849文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン