/

天浜線、独自グッズのオンライン販売

第三セクター鉄道の天竜浜名湖鉄道(浜松市)は同社のオリジナル商品を扱うオンライン販売を始めた。オンラインショップ「てんはまや」を開いた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で旅客収入は巡る環境は厳しい。ネットを使って全国の鉄道ファンへのグッズ販売を進め、収益源の確保につなげる。

天浜線のオンラインショップ「てんはまや」

販売するのは約30点のオリジナル商品。合格祈願のキーホルダーやポストカードのほか、絵馬の形をした1日全線乗り降り自由のきっぷなどを取り扱う。商品は随時入れ替える。送料は900円で、北海道や沖縄など一部地域は追加費用がかかる。

同社が手掛ける通信販売は従来、電話で注文を受け付ける方式だった。今回、オンライン販売に一本化した。販売拡大に寄与すると期待している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン