/

薬王堂など、PCR検査で成人式支援 まず岩手・矢巾町

ドラッグストア大手の薬王堂と医療関連スタートアップのセルスペクト(盛岡市)は、成人式などのイベント向けに新型コロナウイルス感染の有無を調べられるPCR検査サービスを始める。収集した検体の温度管理を徹底することで検査精度を高めるとともに、翌日に結果が分かるのが特徴。まず岩手県矢巾町の2021年の成人式で実施する。

薬王堂が専用サイトで販売する「PCR検査サンプリングキット」

両社の検査サービス「CellsPost(仮称)」では、利用者は薬王堂が22日から専用サイトで販売するPCR検査サンプリングキット(1万7600円、税・送料込み)をまず購入する。自身で唾液1ミリリットルを採取してキットに含まれる安全パックに梱包する。

その後、同社店舗に出向き、駐車場などに設置された収集ポストに申込用紙を添えて申し込む。ポスト内は5度に保たれており、セルスペクトが低温に保ったまま検体を回収。翌日に検査結果をスマホで確認できる仕組みだ。

高橋昌造・矢巾町長は「県内外のイベントが延期・中止になるなかで、何としても成人式だけは開いて大人の仲間入りをする皆さんをお祝いしたかった。当初は見送る予定だった記念撮影も実施し、思い出に残る式になるのでは」と話す。

同町の成人式は1月10日に予定。新成人やその恩師379人を対象に前日に検査を実施し、当日午前9時までに検査結果を通知する。500万円程度を見込む検査費用は町が全額負担する。高橋町長によると、陽性が出た場合は保健所と連携して対応するという。

一方、薬王堂は検査サービス開始にあわせて収集ポスト「PCR受付スポット」を岩手町から一関市までの国道4号沿いの20店に設置。同スポット設置店の開店から午後6時まで受け付ける。検体の回収は1日1回で、各店での回収時間も今後、ホームページで告知していくという。

両社は今後、CellsPostを成人式のほか、自治体や教育機関、スポーツチーム、企業の様々なイベント向けに展開する。県内でビジネスモデルを確立し、中長期的に東北6県や全国に拡大していく方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン