/

ミマキエンジ、高機能・低価格の服飾向けプリンター

高性能で低価格な「TS100-1600」を武器に、ミマキエンジは服飾用プリンターの市場シェアを伸ばす

産業用インクジェットプリンターのミマキエンジニアリングは2月、服飾印刷用のプリンターで低価格帯の製品を発売する。従来機種に比べて印刷速度を速めたほか、顧客が印刷時にかかるコストも抑えた。新型コロナウイルス禍で低価格帯のプリンターの引き合いが強まるなか、製品拡充でシェアの拡大を目指す。

新製品名は「TS100-1600」。印刷速度は最速で1時間あたり70平方メートルと、従来機種から2倍ほど速くなった。大容量のインクを搭載することでインク代などのランニングコストも削減。インクの交換頻度の減少に伴い長時間の運転も可能となり、生産性が改善した。このほか、印刷のズレを自動補正する機能なども搭載している。

価格は83万円(税抜き)からで、年間2000台の販売を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン