/

この記事は会員限定です

東北電、宮城県七ケ宿の風力調査に参画

[有料会員限定]

東北電力は21日、再生可能エネルギーの発電所開発を手掛けるGF(徳島県阿南市)が宮城県七ケ宿町で事業化を検討している陸上風力発電設備の調査に参画したと発表した。最大出力が7万9800キロワットの設備を建設する計画で、2027年度以降の運転開始を目指す。

東北電力が参画した「(仮称)稲子峠ウィンドファーム風力発電...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り152文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン