/

この記事は会員限定です

山形市、旧大沼の土地建物取得 中心街再開発に重責

[有料会員限定]

山形市が2020年1月に経営破綻した百貨店「大沼」の土地・建物を、外郭団体を通じて取得した。全国で初めて百貨店ゼロの県庁所在地となったが、近隣の市立病院と合わせた再開発を検討する。バブル崩壊後、破綻した商業施設を自治体が購入し、さらに傷口を広げた事例が各地で相次いだだけに、新たなモデルを示す必要がある。

「民間事業者からの提案はすでに数件ある。多くの人の知恵を集めたい」。山形市の佐藤孝弘市長は20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1152文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン