/

テレ玉「埼玉政財界人チャリティ歌謡祭」21年は中止

埼玉政財界のトップが歌声を披露する同番組は、県外でも話題になる人気コンテンツだ(写真は今年元日の放映分でギターを片手にコブクロの「轍(わだち)」を歌い上げた大野元裕知事)

テレビ埼玉は毎年元日の夜に放送している名物番組「埼玉政財界人チャリティ歌謡祭」を2021年は取りやめ、代わりに過去29年の名場面集を放送すると発表した。同番組は埼玉県知事やさいたま市長らの首長や、県内企業のトップが趣向を凝らしたステージを披露することから、動画配信サイトを通じて県外でも話題になる人気コンテンツだ。

21年は30回記念となるはずだった。例年はコンサートホールに観客を入れ、出演者が順番に歌を披露しているが、新型コロナウイルスの影響で出演者らが一堂に会するのが難しくなった。

今年の番組では親子3代にわたり出演しているサイサン(さいたま市)の川本武彦社長や29回連続で出場している清水園(同市)の清水志摩子社長が思い出やエピソードを語るほか、大野元裕知事らの新春メッセージを紹介する。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン