/

神奈川県厚木市など、病床拡大を県に要望 「崩壊寸前」

神奈川県厚木市、愛川町、清川村の県央3自治体は21日、新型コロナウイルスの感染者増で医療体制が逼迫しているとして、病床の拡大などを県に要望した。コロナ患者を受け入れている厚木市立病院で病床が逼迫しているうえ、地域医療も崩壊寸前だと強調した。

要望では、県立病院をコロナ専用病院にすることや、コロナ患者を受け入れていない公立病院などに受け入れ枠を設けるよう働きかけることを求めた。高齢者や持病のある患者が増えたため、多くの医師や看護師で対応しなければならないケースが増加しているという。自宅療養に伴う家庭内感染のリスクを軽減するため、宿泊療養施設の稼働率を高めることも盛り込んだ。

厚木市の小林常良市長らが同日県庁を訪れ、黒岩祐治知事に要望書を手渡した。3市町村は日ごろから救急医療などで連携している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン