/

長野県信組、知財座談会をオンライン併用で初開催

長野県信用組合(長野市)は21日、長野市内で知的財産に関する座談会を開催した。日本弁理士会東海会(名古屋市)との共催。ビデオ会議システムを併用した開催は今回が初めてで、県内企業の経営者など50人弱が参加した。新型コロナウイルスの影響で企業が多くの経営課題に直面するなか、弁理士らと自社の強みになりうる知財活用などについて意見交換をした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン