/

千葉・横芝光で鳥インフル 埼玉などにもヒナ出荷

千葉県横芝光町の農場では県職員らが殺処分にあたった(21日午前)

千葉県は21日、横芝光町の農場で飼育しているアヒルから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。同日夕方までに飼育する約8200羽を殺処分したほか、関係車両の消毒などの防疫措置も講じている。県内での鳥インフルエンザは今季3例目となる。

同日午前に開いた対策本部会議で、森田健作知事は「まん延防止に向けた防疫対策に全庁を挙げた体制で対応するようお願いする」と呼びかけ、地元自治体などと密接に連携を図ることや、正確な情報を提供することを指示した。

行田市と春日部市の農場で対応にあたった

この農場からは、直近1週間で北海道、宮城、茨城、埼玉、大阪、奈良の6道府県9農場にアヒルのヒナが出荷されている。このうち、埼玉県では行田市(飼養羽数約3000羽)と春日部市(同約6000羽)の2農場でヒナを仕入れていた。県は千葉の農場などから仕入れたヒナ約2100羽を殺処分の対象とし、残りのアヒルについても14日間は監視対象として感染拡大防止を図る。大野元裕知事は21日、記者団の取材に「緊張感を持って取り組む」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン