/

この記事は会員限定です

川崎浮世絵ギャラリー 市民所蔵の名作を公開

Welcome to

[有料会員限定]

川崎市は2019年12月、JR川崎駅に直結する複合ビル内に「川崎浮世絵ギャラリー」を開館した。市出身の斎藤文夫さんが収集した約4千点の浮世絵をテーマや絵師ごとに展示するスペースだ。

斎藤さんは2001年から市内の自宅の一部を「川崎・砂子の里資料館」として浮世絵を展示していたが、負担が重く、16年に休館した。市は「地元ゆかりの作品が多く、絵師や時代にも偏りがない。歴史を後世に伝える貴重な文化資源とし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り318文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン