/

この記事は会員限定です

静岡の汐見製作所、電動車向け部品開発 事業の変革急ぐ

[有料会員限定]

自動車部品などを製造する汐見製作所(静岡県湖西市)は、電動車の普及を念頭に置いた製品開発に乗り出した。需要の増加が見込める電気自動車(EV)向けのモーター部品や電池部品を試作し、近く量産体制を整える計画だ。自動車業界が電動化や自動運転など「100年に一度」の大変革期を迎えるなか、生き残りをかけて事業の変革に取り組む。

EV・燃料電池車(FCV)向けの部品や産業機械関連の部品を開発している。そのうち...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り840文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン