/

この記事は会員限定です

コロナ禍の技能実習生救え 茨城、農漁業など受け皿に

外国人労働は今 茨城の現場から㊤

[有料会員限定]

農業や製造業を中心に外国人労働力への依存度が高い茨城県。コロナ禍で解雇されたり帰国できなくなったりする技能実習生が増え、職探しや生活の支援は一層重要になってきた。長期的な高度人材の活用も必要だ。外国人活用の現状と課題を追う。

鉾田市で大葉を生産するホッタバイオファームは実習期間中に県外のホテルを解雇された中国人男性10人を2020年7月から農業の仕事に受け入れた。在留資格は出入国在留管理庁がコロナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1550文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン