/

埼玉2農場で鳥インフル疑い 2000羽超を殺処分

(更新)

埼玉県は21日、行田市と春日部市の農場で飼育されているアヒルに高病原性鳥インフルエンザ感染の疑いがあると発表した。未明に緊急の対策本部会議を開き、両農場の約2150羽を殺処分するとともに、汚染物品の焼却、施設の消毒などの防疫措置を取ることを決めた。

畜産安全課によると、千葉県横芝光町の農場で鳥インフルが発生し、同農場から埼玉県内の2農場にヒナが出荷されているとの連絡があった。行田市の飼育農場では約3千羽、春日部市の農場では約6千羽のアヒルを飼育しているが、まずは千葉から仕入れたヒナを殺処分の対象とする。残りのアヒルについても14日間監視対象とし、感染拡大防止を図る。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン