/

この記事は会員限定です

関東鉄道、懐かしの旧塗装車両を復活

記念乗車券も発売

[有料会員限定]

懐かしい旧塗装の車両が復活――。関東鉄道は茨城県の取手駅と下館駅を結ぶ常総線で、昭和40~60年代に走っていたツートンカラーの旧塗装を施した気動車の運行を始めた。同社は2022年9月、創立100周年を迎える。節目の年を前に根強い人気を持つ旧塗装を復刻し、記念乗車券も発売。鉄道ファンや沿線住民にアピールし、潜在需要を掘り起こす。

オレンジ色とクリーム色のツートンカラーでお目見えしたのは、同線の主力車...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り288文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン