/

京急電鉄 座席切り替え式の新車両、今春導入

京浜急行電鉄は20日、座席を進行方向に向かって座る「クロスシート」と窓に背を向けて座る「ロングシート」に切り替えられる新しいタイプの車両を今春導入すると発表した。通勤時間帯に運行する座席指定列車ではクロスシートにして快適性を高め、昼間などはより多くの乗車定員を確保できるロングシートに切り替える。

座席指定列車ではクロスシートにして快適性を高める

計8両を導入する。全座席にコンセントを設置するほか、バリアフリー対応の洋式トイレも設ける。新型コロナウイルスの感染予防のために、座席のシートは抗菌・抗ウイルスの生地を使う。

通常時はより多くの乗車定員を確保できるロングシートにする

新車両は貸し切りイベント列車にも使う。過去にキリンビールと連携してビールを飲みながら乗車する「ビール列車」などを実施してきた。イベントの内容に合わせて座席を切り替えられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン