/

岩手の「金色の風」、産地と消費者がオンライン交流

JA岩手ふるさと(岩手県奥州市)と岩手県南広域振興局などは22日、県オリジナル水稲品種「金色の風」のオンライン産地ツアーを開く。地元の農家と、県内外の米穀店関係者で組織し、金色の風をPRする「サポーター」と呼ばれる関係者がリモートで情報交換などを行い、産地と消費地のつながりを強化する。

ツアーはJA江刺「金色の風」栽培研究会を含む3者が主催。奥州市の歴史公園えさし藤原の郷を会場に、産地側が昨年産の作柄や安全・安心を追求した特別栽培などをリモートで紹介し、サポーターらと意見交換などを行う。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン