/

この記事は会員限定です

仙台に建設中の次世代放射光施設、愛称を募集

[有料会員限定]

量子科学技術研究開発機構(千葉市)などは仙台市の東北大学青葉山新キャンパス内に建設中の次世代放射光施設の愛称募集を始めた。3月末まで同機構のホームページで一般に受け付ける。「世界トップレベルの研究所。海外の人にも親しみやすい名称をつけてほしい」(同機構)という。

国や自治体が約380億円をかけて整備する施設は2023年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン