/

この記事は会員限定です

「スーパーシティ」自治体構想競う 先端技術で課題解決

[有料会員限定]

先端技術の活用で行政の効率化や新サービス実現を目指す「スーパーシティ」制度が動き出す。指定を目指す自治体は4月に事業計画を国に提出。国は5地域程度を指定し、規制緩和で計画を後押しする。自治体は企業や研究機関と組み、地域課題を解決する構想を競い合っている。

「想定より多くの事業者が参加してくれた」。前橋市のスーパーシティ計画に協力する日本通信の福田尚久社長は驚く。同市が連携事業者を募ったところ155の企業や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2057文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン