/

この記事は会員限定です

地方鉄道の光明絶やすな 需要生む投資後押しを

こだま

[有料会員限定]

茨城でもコロナ禍の憂鬱な日々が続く中、一筋の光明と思う情報が舞い込んだ。第三セクター、ひたちなか海浜鉄道(ひたちなか市)が湊線を国営ひたち海浜公園西口付近まで3.1キロメートル延伸する事業について国土交通省から15日に許可を受けた。

勝田―阿字ケ浦を結ぶ湊線は廃線危機や東日本大震災を乗り越えたが、阿字ケ浦駅から海浜公園までは繁忙期にシャトルバスを走らせてきた。吉田千秋社長は延伸許可について「国が地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り852文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン