/

この記事は会員限定です

岩手知事「不漁などの課題に対応」 震災10年を前に

[有料会員限定]

東日本大震災から間もなく10年となるのを前に、岩手県の達増拓也知事は19日、報道各社のインタビューに応じた。知事は街の再建はほぼできたとの認識を示す一方で「沿岸の不漁など震災以降に生じた課題がある。復興の新しいステージで対応したい」と語った。以下は同知事への一問一答。

――復興の現状や進捗状況をどうみますか。

「県内で1万3984戸用意した仮設住宅から、入居者が恒久住宅に移れた。大きな商業施設がで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1250文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン