/

この記事は会員限定です

静岡のタイカ宮加三事業所、衝撃吸収素材を強みに

ふじのくに戦略拠点

[有料会員限定]

パソコン画面に多様な色で描かれた「地層」のような3D画像に上から圧力を加えると、衝撃に応じて変形し始める――。

化学メーカーのタイカ(東京・港)の宮加三事業所(静岡市)では、研究員がコンピューターシミュレーションを活用して、新たな介護用マットレスを開発していた。

弾性や硬さが異なる複数のウレタン素材でできたマットレスの動きを様々な条件下で解析。体圧が分散して「床ずれ」が起こりにくいマットレスを開発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り892文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン