/

この記事は会員限定です

「陸ワサビ」で産地活性化、長野・安曇野 収量増へ挑戦

信越トピックス

[有料会員限定]

国内有数のワサビ産地である長野県安曇野市。北アルプスからの湧き水を活用した清涼なワサビ田のイメージでブランド力も高いが、農家の高齢化などで生産量は減少傾向が続く。長い歴史とともに培ってきたブランドを維持・拡大しようと、ビニールハウスを使って畑で育てる「陸(おか)ワサビ」の栽培が本格的に動き出した。

2020年10月、安曇野市にある体験農場に同農場会員らが集まり、陸ワサビの植え付け作業を行った。約1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン