/

群馬県、時短要請を7市町で解除 伊勢崎市などは継続へ

警戒度の見直しについても発表した(19日、前橋市)

群馬県の山本一太知事は23日以降、飲食店などの営業時間短縮を前橋市など7市町で解除すると発表した。対象となっている伊勢崎市と大泉町では3月1日まで継続する。新型コロナウイルスの新規感染者減少などを理由として挙げた。

山本知事は「経済活動と感染防止を両立させなければならない」と強調した。群馬県では昨年末から一部自治体で時短要請が続いており、22日までは9市町が対象だ。要請に協力した事業者への協力金は店舗ごとに1日あたり4万円だが、23日からは財政逼迫などを理由に同2万円に引き下げる。

また、23日以降、県は独自に定めた新型コロナの警戒度を前橋市などを除く26市町村で引き下げるとも明らかにした。現在は県内全域で最高の「4」だが、1段階低い「3」とする。警戒度が3になった地域では、利用自粛を求めている国の外食需要喚起策「Go To イート」の利用を再開するという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン