/

この記事は会員限定です

浜松のスプライザ、チームスポーツの分析アプリ拡販

コロナ禍に挑む

[有料会員限定]

IT(情報技術)スタートアップ企業SPLYZA(スプライザ、浜松市)がチームスポーツの映像分析アプリの利用拡大に動く。主なターゲットは学校の部活動。コロナ禍で政府が小中学校で学習端末の配備を前倒しするなど、教育現場のデジタル化の動きを捉える。2025年3月期に国内で現在の10倍以上の5000チームで利用をめざす。

昨年末から今年1月まで開かれた「第99回全国高校サッカー選手権大会」。高校日本一を懸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1070文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン