/

オープントップバスで「XR」観光、京急など試験運行

京浜急行電鉄などは19日、仮想現実(VR)など「XR」技術を用いた観光バスツアーの試験運行を実施した。専用のゴーグルを装着して屋根のないオープントップバスに乗り、横浜臨海部の観光地を巡る。サービス開始は今春のゴールデンウイークを目指す。

ゴーグルをかけると、横浜三塔(神奈川県庁、横浜税関、横浜市開港記念会館)をモチーフとしたトランプが出現し、横浜をストーリーを交えながら案内してくれる。バスに付いている様々なセンサーがバスの現在地やゴーグルの動きなどを検知し、音声を交えながらXR体験を楽しめる。

体験時間は約30分。料金は未定だが、4000円をひとつの目安として検討しているという。

京急電鉄が新規事業の創出を目指す「アクセラレータープログラム」の一環でスタートアップのシナスタジア(東京・品川)のアイデアを採択し、サービス実装を目指してきた。今後、ゴーグルを軽量化したり、映像の画質をきれいにしたりして、サービス改善を図っていくという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン