/

静岡空港の搭乗者、20年は72%減 コロナで過去最低

静岡県が19日発表した静岡空港の2020年の搭乗者数は、19年比72%減の21万9645人だった。開港した09年(6~12月、36万2522人)を下回り過去最低を更新した。搭乗率も47.3%と21.2ポイント低下した。新型コロナウイルスの感染拡大で路線の運休・欠航が相次いだことが響いた。

静岡空港

前年実績を下回るのは中国系航空会社の撤退が相次いだ16年以来4年ぶり。国内線は61%減の18万4258人、国際線は89%減の3万5387人だった。国際線は4月以降9カ月連続で月間搭乗者数がゼロとなった。空港振興課は「コロナさえなければという残念な1年だった。1便でも多く飛ばしてもらえるよう今後も各社に働きかけたい」とした。

併せて発表した20年12月の搭乗者数は、前年同月比74.4%減の1万5569人だった。6カ月連続で1万人台を維持したが、搭乗率(48.8%)は3カ月ぶりに5割を下回った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン