/

この記事は会員限定です

北海道から世界の作況予測、耕運機140万台データ生かす

[有料会員限定]

トラクター向けの運転支援システムで世界シェアトップを誇る農業情報設計社(北海道帯広市)が、「農業のビッグデータ」を活用した事業展開にギアを入れている。世界中の利用者から受け取った農作業の精緻な位置情報などを駆使し、生産効率の改善のみでなく独自の世界の作況予測を実現する。

同社のアプリ「AgriBus-NAVI(アグリバスナビ)」はトラクターにカーナビの要領でスマートフォンやタブレットを設置すると、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン